LUNAS 使い方

LUNAS PLACARE EQ WATERをより効果的にするための使い方のご紹介

 

LUNAS PLACARE EQ WATERをより効果的にするための使い方のご紹介

 

ルーナス化粧水は、化粧水を丸ごとナノ化したことにより、他の化粧水とは浸透力が違うと人気を集めています。

 

お肌に乗せた瞬間にスーッと浸透していくという方が多いです。

 

とても浸透力に優れた化粧水ですが、正しい使い方をすることにより、より一層高い効果が期待できます。

 

ここでは、ルーナス化粧水の使い方についてご紹介したいと思います。

 

 

LUNAS PLACARE EQ WATERの使い方について

 

LUNAS PLACARE EQ WATERの使い方

 

みなさん、どのような化粧水の使い方をしていますか?

 

ただなんとなく化粧水をつけているという方もいらっしゃると思います。

 

しかし正しい使い方をすると、より効果が得ることができます。

 

その使い方を見ていきましょう。

 

 

1.手を清潔にする

 

当たり前のことのようですが、直接お肌に触れる手を清潔にすることが大切です。

 

手に雑菌がついている状態でケアすると、肌トラブルのつながる可能性もあります。

 

 

2.顔全体になじませる

 

ルーナス化粧水を4プッシュ程度手のひらにとります。

 

顔全体になじませたら、人差し指、中指、薬指の腹の部分で、目元からなじませるようにします。

 

目頭と目尻、下まぶた、小鼻は中指でなじませましょう。

 

あごは手を横にして、中指と薬指でなじませます。

 

こめかみは、人差し指、中指、薬指を使ってしっかりなじませます。

 

 

3.首すじや手になじませる

 

顔全体になじませたら、手に残った化粧水を首筋や手になじませまるようにしましょう。

 

 

4.気になる部分は重ねづける

 

気になる部分がある場合には、さらに重ねづけするようにしましょう。

 

特に目元や口元は乾燥しやすいので、しっかりとつけるようにしたいですね。

 

 

ルーナス化粧水は、朝晩の洗顔後につけるとされています。

 

このような使い方は、少し面倒に思うかもしれませんが、毎日やっているうちに、すぐに慣れていきますので、ぜひマスターしてみてください。

 

落ち着いた気持ちでリラックスしながらスキンケアしたいですね。

 

 

LUNAS PLACARE EQ WATERは手でつけた方がよい?

 

LUNAS PLACARE EQ WATERは手でつけた方がよい?

 

化粧水をつける時に、手でつける派とコットンでつける派の方に分かれると思います。

 

果たしてどちらのほうがより効果的なのでしょうか。

 

コットンを使うメリットもありますが、ルーナス化粧水のようなエイジングケア化粧水の場合には、手でつける方が効果的です。

 

手で化粧水をつけると、コットンを使うよりも肌への刺激が少なくなります。

 

また、手の温かさが、化粧水を浸透しやすくしてくれます。

 

またコットンを使うと、コットンに吸収された化粧水が一部残ってしまいます。

 

手の場合にはその心配がありません。さらにコットン代もかかることを考えると、手でケアすることは経済的でもありますね。

 

 

以上、ルーナス化粧水の使い方についてご紹介してきました。

 

一般的な化粧水と付け方の違いはありません。

 

より効果的が方法をマスターして、ルーナス化粧水の効果を最大限引き出していきたいですね。

↓敏感肌卒業 30%OFFはコチラ↓

LUNASボタン